都市部で賃貸物件を利用するメリット

利便性が高く通勤時間も短い

都市部で賃貸物件を借りる大きなメリットは、何といっても利便性が高いことです。都市部は電車やバスなどの交通網が発達しており、タクシーも数多く走っています。エリアによっては、マイカーを所有していなくてもまったく問題なく移動できるでしょう。これが郊外になると、バスが1時間に1本、最寄りの駅まで歩いて30分以上かかるといった不便なエリアも少なくありません。マイカーを所有しなければ、車検代や自動車税、自動車保険やガソリン代など、維持費がかからないため経済的な負担も軽減できるでしょう。

また、企業は都市部にオフィスを構えるケースが多く、通勤時間や交通費を節約できることもメリットのひとつです。毎日の通勤時間を短縮できればその分自由に使える時間が増えるので、生活の質を上げることもできるでしょう。

人気のエリアに住めるというステータス

エリアにもよりますが、都市部には「華やか」「便利」「人気店が多い」など、さまざまな良いイメージがあります。郊外と比べ家賃や物価も割高で、生活費がかかるため経済的に余裕がある人々が住むと考える人も多いでしょう。このため、都市部に住むと「あそこに住んでいるんだ」「すごい」など、周囲から羨望の目で見られることもあります。それ自体がステータスになり、満足感を抱きながら毎日を過ごせるのもメリットになるでしょう。

また、都市部は人が多く集まる場所であるため、治安の面でも安心できる点が多いです。街灯や防犯カメラ、交番やコンビニなども多く、普段から安心して出歩けます。もちろん、繁華街など場所によっては治安が悪いエリアもありますが、一般的な住宅地であれば大きな問題はないでしょう。

札幌西区の賃貸相場はワンルームで4.3万円、1LDKで4.9万円です。地下鉄やJRに近い場所ほど家賃は高くなります。