郊外の賃貸物件を選ぶ時の注意点

電車利用の人の郊外賃貸物件探し

これから賃貸物件を借りて生活をスタートしようと考えている人で、エリアを郊外に限定した場合には、いくつか注意しておく必要があります。特に通勤や通学で電車を利用する人であれば、駅から賃貸物件の距離がとても重要になります。車がメインで行動している人であれば、電車はあまり普段から利用することは少ないでしょうから、駅からの距離を考える必要はないかもしれません。しかし、毎日のように電車を利用する人であれば、歩いて駅まで行ける距離にある賃貸物件に住んだ方がよいです。もちろん、駅から近ければ近いほど、賃貸物件の家賃は高くなる傾向にはありますが、毎日のことを考えるのであれば、できるだけ駅近の賃貸物件を地元の不動産屋に紹介してもらいましょう。

賃貸物件周辺の環境を考える

郊外にある賃貸物件を借りる時には、生活環境がどれくらい整っているのかを確認しておきましょう。とても便利な都心部であれば、医療機関も教育機関も、さまざまなものが揃っているので不便なく生活することが可能です。しかし、郊外ではこれが不足しているケースは少なくありません。とても気に入った賃貸物件を不動産屋に紹介してもらったとしても、即決するのではなく、自分の足で周辺環境を歩いてチェックした方が良いでしょう。歩いて行ける距離にはどんな施設があるのか、車を使っていけばどんな施設があるのかなどです。もちろん、不動産屋に教えてもらうのも必要ですが、最後はきちんと自分の足で歩いてチェックすることが重要となるでしょう。