郊外の賃貸物件ならではの魅力

何よりも家賃が安い!

郊外の賃貸物件の魅力といえば、第一に家賃の安さが挙げられます。利便性の高い都心部と比べ、郊外の賃貸物件は多少の不便さがある代わりに家賃が割安なのです。都心の賃貸物件にも家賃が安いものはありますが、築年数が古かったり間取りが狭かったりするなど、イマイチと感じることも多いでしょう。同じグレードの賃貸物件でも、都心と郊外では家賃に数万円の差が出ることも珍しくありません。わずか1万円の差だったとしても、1年で12万円、5年間住むと60万円もの差になります。住む年数が長ければ長いほど、家賃の安い郊外の賃貸物件のほうが経済的に得をするのです。

日々の生活の中で食費や教育費などを切り詰めるより、郊外の安い物件を借りたほうが気楽かつ確実に節約できるのではないでしょうか。

豊かな自然を楽しめる

郊外は、都心部とは違い周囲に自然が多く残っています。都心部ではなかなか見ることができない山や田んぼ、アスレチックを備えた大きな公園などもあり、日常生活の中で自然を感じられるのは大きな魅力です。特にペットや子どもがいる家庭の場合、わざわざ遠出をしなくても自然の中で思う存分に遊べる環境というのは貴重なものではないでしょうか。中には、畑つきの戸建て物件が賃貸として貸し出されていることもあります。家庭菜園を楽しみながら穏やかな環境でのんびり暮らせるなど、都心の生活に疲れてしまった人にもおすすめです。

また、近年はアウトレットモールなど大型の商業施設が郊外に建設されることも増えており、郊外でも意外と生活に不自由しないケースもあります。